コラム「BREAK」〜関西突破へ向けて〜

 第4弾 MG 4年 大足 葵



 関西突破に向け、部員がそれぞれの想いを発信していきます。
 第4弾は、大足葵(4年・MGリーダー)と大山昂基(4年・DF)による対談です。
 ※対談は3地区予選前


 大山「FINALを終えて、現在の心境を教えてください。」


 大足「今年の目標は関西突破だから、FINALと三地区と全学一回戦ていう通過点の一つを終えて、
    ちょっと安心したっていう感じと、果たして目標としている舞台(全学準決)まで辿り着ける
    のかなっていう不安も少しだけあるかな。」


 大山「なるほどね。FINALに向けての不安みたいなのは無かった?」


 大足「FINALに向けては、リーグ戦で一度戦った新潟大学が相手だから、まあ勝てるのかなとは思って
    たけど、追い詰められるのかなとも少し思ってた。」


 大山「今年一年間、最上級生としてMGポジションリーダーとして、どんなことを意識して取り組んで
    きたのか話してもらってもいい?」」


 大足「幹部になる前は、去年とか一昨年とかは、自分ががんばろうっていう気持ちが大きかったんだ
    けど、幹部になってからは自分ががんばるっていう気持ちはもちろんあるんだけど、それ以上に
    自分一人だけで仕事しないで後輩たちに仕事を振り分けるように意識してやってきたかな。毎年
    ポジリ―になる人は仕事ができるような、やろうと思えば全部自分で出来ちゃうような人たち
    だったと思うんだけど、私は全然そんなんじゃないから、後輩たちの力を借りないと回らなくなる
    なっていうのが一つ目の理由。もう一つは、やっぱり上級生になるにつれて部活に対するモチベー
    ションみたいなのは上がるのかなっていうのは毎年見てて思ってたんだけど、別にモチベーション
    が上がるのを上級生になるまで待つ必要はないと思ってて。今年は結構大事な仕事も一年生に任せ
    てきたし、今のMG全員バス手配できるように経験させてきたしっていう感じで、来年以降私が
    抜けても大丈夫なように意識してやってきました。私達が引退して新チームになって、新2年生の
    マネの子達がメニューのこととか何もわかりませんってなったら一つ下の代が苦労するかなと思った
    ので、色々経験しててもらった方がいいかなということで一年生もどんどんA練に行ってもらったり
    してました。でもそうしたことでA練にポジリ―がいないことが多々あったってことに関しては、
    申し訳なかったなとは思ってる。」


 大山「確かに、A練に葵ちゃんいなくて寂しい感じはあったな(笑)後輩マネとの関わり方でなんか
    意識してたこととかあったのかな?」


 大足「練習一緒になった後輩マネの子たちがどういう風にしてるかなってのを気にかけたり、新チームが
    スタートしたときに、他のポジションがやってるみたいな面談をやったりしたな。あとは自分が一
    年生の時からそうだけど、やっぱりいっぱい入部しても抜けちゃうことが多いっていうのはチーム
    としてずっと課題となってる部分で、自分がポジリ―になってから、少しはどうにかならないかな
    と思っていて。その対策?としてやったのが、仕事を振り分けてモチベーションをなくさないよう
    にしようってのと、これまで金銭的な理由で辞めていく子達が多かったから、新チーム発足当初に
    例年行ってる遠征・合宿をリストアップしてしまって、どれに誰が行くかを決めるってのをやった。
    そうすると何月にこれだけの出費があるってわかるから、お金のやりくりが計画的に出来るように
    なるかなと思って。」


 大山「では最後に、今後の試合に向けての意気込みをお願いします!」


 大足「FINALでも三地区でも全日でも、マネージャーのする仕事は変わらないと思うんだけど、プレイヤー
    は勝ち進むにつれて緊張したりとか気合入ったりとかすると思うから、例えばすごく緊張してたら
    少しでもほぐせたらなと思うし、気合が入ってたらその気持ちに寄り添うようにマネジメントでき
    たらなと思います!」





inserted by FC2 system